ヘタクソでもブラジルでサッカー留学できる!?

ブラジル人が書く、ブラジルサッカー留学情報とブラジル生活情報。ブラジルサッカーのテクニック、戦術、個人技、裏技、フットサルからポルトガル語のサッカー用語、日常会話、スラングなど含め役立つ情報満載!

ドリブルからシュートの基本へ



まぐまぐから発行、無料です。登録すると毎週水曜に新ナンバーが届きます。
http://www.mag2.com/m/0000144049.html

私のプロフィールはここで見てください
http://gostosoan1.blog97.fc2.com/blog-date-200801.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●○------------------------ (~~)-------------------------○●

ヘタクソでもブラジルでサッカー留学できる!?

2012年11月21日   Vol.419

●○------------------------(~~)-------------------------○●

===ドリブルからシュートの基本へ===


最近、いろんなクラスの大会を見ているが
点取り屋不足がすごく目立っていると感じた。

来日した頃より、今の若手選手の方が
パスも上手いし、止める・蹴る・見ることが
すごく出来ていると思う。

そして日本の指導方法は、凄く発展していると思う。

反対に、日本の指導が発展し過ぎているため
シュートの上手い選手とロング・シュートに
チャレンジする選手が減っていると思う。

現象として、間違いなく点取り屋と
凄いGKが少なくなったよね!

それこそ、この両方のポジションは
ブラジルで、メチャクチャ溢れているんだ。

国と文化の違いがあり、これが大きいと思う。

ブラジルの場合、生まれた時から点を取る人が
高く評価され、選手が若ければ若いほど
ドリブルとシュートへのチャレンジをさせるんだ。

ただし、タックルや当たりの強いブラジル人は
相手が誰であろうが、大会や練習であろうが、
ボールを持つ人に対し、積極的に削る、削る。

持つ側は、削られると分かっておきながら
「Ousadia!(大胆・勇気のある奴)」になるんだ。
(ネイマールのスパイクに書いてある)
chuteira-do-neymar.jpg


ヒントになるか分からないが、大胆な気持ちを
持たなければ、日本でもやり切れないと思う。

ブラジルでは、点を取ることで大きなクラブや
スカウトマンの目に入り、その夢を持つことで
点取り屋になりたいし、活躍したくなるよね。

GKについては、ブラジルのどんな弱いクラブでも
必ずGKコーチがいるため、これが大きいと思う。

そして、日本よりシュートの数が明らかに多いので
きっと、GKのやりがいになるのではないかと思う。

団体技術については、システムの問題もあると思う。

最近、日本代表の両サイドバックのサカイは
普通に得点チャンスを作っているからこそ
世界のクラブからオファーがあったと思う。

本田は、得点に絡むようになるだけではなく
点を取るために、彼が常に進化を求めている。

ブラジルのボランチは、必ず得点に絡んでおり
コリンチャンス所属セレソンのパウリーニョは
日本代表戦で、素晴らしい得点の見本を見せている。

シュートの意識を持たせるだけではなく
味方にシュートのアシストをさせることも大事だ。

点を取れないが、点を取らせると言う考え方だ。

その考え方だと、バックパスと横パスが
少なくなり、前へのドリブルが増えるし
シュートの場面と得点が増えると思う。

ミスをしたくないから、周りに点を取らせる
そのような考え方とは、全然違うと思う。

ただし、レベルが低ければ低いほど
年齢が若ければ若いほど、結果が簡単に出ないよ。

特に日本の場合、団体戦術が重点になるので
団体の結果が出なければ、納得しないんだよね。

そして、幼児から大人になるまで
日本の組織は、小学、中学、高校の
教育に合わせている現状がある。

各カテゴリーで、違うスタイルと違う指導者に
合わせなければならないんだよね。

結局、この環境でのドリブル&シュートは
指導者により、選手自身は混乱すると思う。

ここで、団体戦術に注目する日本は
一人で目立った選手を批判する現象もある。

点を取ることで、もっと評価をしてもいいかな...

そして香川のように、ドリブルで仕掛ける選手は
我々が作って行くべきだ!

私は頑張るよ(^^)



ブラジルフットサル代表の3点目は、それこそ
ドリブルからシュートの素晴らしい見本だ。

これで、ブラジルフットサル代表は、
ドリブルからシュートのおかげで
世界7回目の優勝を飾った。


==============================

【ポルトガル語講座】




●試合中

“Vai pra cima ,meu!”「仕掛けろよ!(ドリブルだ!)」
(ヴァイ プラ シーマ、メウ!)

とスタッフ、味方、サポーターは、
ドリブルからシュートを求める。


*Vai: 行け!
*pra cima: 向かって


●同じく

“Faz! Faz,meu !” 「決めれ!決めれよ!(シュートだ!)」
(ファーズ!ファーズ、メウ!)

とスタッフ、味方、サポーターは、
騒ぎながら、得点を求める。


*Faz:<原型 fazer:行う、やる>の命令形


~~~音声はこちらから~~~
http://f11.voiceblog.jp/data/gostosoan/1353422965.mp3


==============================

~ひとりごと~

ブラジル代表は、パナマ代表に競り勝ち
歴代初の世界選手権への切符を獲得した。

ブラジル代表には、メジャーリーグに所属している
イヤン・ゴメスがいる。

今の話は、サッカーではないし
バレーボールでもない。

野球のWBCなんだよ。

昔の日本は、野球と相撲だった。
反対に、今のブラジルは、野球が来てるよ!

ほんとにびっくりしたよ(^^)


●○------------------------ (~~)-------------------------○●
Mail: gostosoan1@hotmail.co.jp
ホームページ: http://macacopletto.fc2web.com/gostosoan..htm

無断転記・転載禁止です
●○------------------------ (~~)-------------------------○●
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gostosoan1.blog97.fc2.com/tb.php/248-17e7e2df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

SEO対策:FIFA SEO対策:サッカー SEO対策:留学 SEO対策:フットサル SEO対策:ブラジル