ヘタクソでもブラジルでサッカー留学できる!?

ブラジル人が書く、ブラジルサッカー留学情報とブラジル生活情報。ブラジルサッカーのテクニック、戦術、個人技、裏技、フットサルからポルトガル語のサッカー用語、日常会話、スラングなど含め役立つ情報満載!

ブラジル女子バレーボールの試合観戦


まぐまぐから発行、無料です。登録すると毎週水曜に新ナンバーが届きます。
http://www.mag2.com/m/0000144049.html

私のプロフィールはここで見てください
http://gostosoan1.blog97.fc2.com/blog-date-200801.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●○------------------------ (~~)-------------------------○●

ヘタクソでもブラジルでサッカー留学できる!?

2011年11月16日   Vol.367

●○------------------------(~~)-------------------------○●


===ブラジル女子バレーボールの試合観戦===


ブラジルのトップアスリートを生で見ることは、なかなか出来ないので
今回、そのチャンスを見逃すわけには行かないと思った。

札幌で行われたバレーボールワールドカップは
皆さんもご存知だと思うが、先週末に燃えた、燃えた。

土曜日と日曜日は、仕事で行けないので
金曜日のブラジル代表対中国代表の試合を見に行った。

知り合いの関係で、チケットが手に入り、
ブラジル代表のデータスタッフの後ろあたりが座席だった。

試合はすでに始まっており、ケガで出場が出来なかった
二人の女子ブラジル人選手のちょうど後ろに座った。

バレーボールを見て、サッカーに何かの形で個人や団体戦術に
活かす方法を考えながら、試合を見ていたんだ。

ブラジル代表のスタッフは、数えたら8人以上いたね。

各スタッフは、ノートブックを持ち、試合の戦いというより
データーのバトルが、明らかにすごく目立った。

コートでは、大きな声が響き、ブラジル代表の監督の声と
勝手に思っていた。

だが、違うスタッフの声であり、常に相手の作戦を事前に
選手たちに伝えていていたんだ。

そのスタッフは、ブラジル代表の1人か2人の名前を呼び
相手の?番選手の作戦を徹底して、大きな声で伝えていたんだ。

私から見て、中国代表側は、監督のみの声だったと思う。

私が見ていたサイドからは、ブラジル代表のスタッフがいたので
ポルトガル語で、いろんな舞台裏の状況が得られた。

ブラジルのリベロは、169cmでありながら、相手の
強烈なスパイクを防ぐため、サッカーのGKのステップの
技術を使っていたんだ。(これも勉強になった)

相手の戦術は、どこで?いつ?どの形で攻撃されるか
予測しにくいが、リベロは常にそれを読んでいたんだ。

時間帯でGKの技術が必要であり、時間帯でボランチの
攻守の技術が必要になり、ブロック以外全部の展開に
絡むポジションは、リベロだと感じた。

そして、ブラジル代表のシェイラは、アタックやブロックをする時
「行け!」と言う大きな声を出すんだ。

ここから、サッカーのシュートを撃つ時、「入れ!」
と言う大きな声が必要だと深く思った。

声を出すことで、ストレス解消になり、リズムに乗り、
強烈なシュートが撃ちやすいのではないかと思う。
(大事な戦いでは、技術だけではないと思ったね)

意外に、日本人選手は声を出さないので、出すべきだし
その強い気持ちをボールに伝えることが大事だと感じた。

声について言うと、ブラジル代表の団長は、チームが
負けている時に、目の前でテーブルをリズム良く叩き始めたんだ。

全然知らない私でも、そのリズムに乗り、二人の女子代表選手と
ハイタッチをしながら、知らずにブラジル人同士の応援が始まったんだ。

皆で、「パーッパパッパ!ブラジーウ!」というフレーズを
サンバのリズムで騒ぎ、コートに立っていた選手達が
次から次に点を取るようになった。

日本では、DJなどがいなければ、なかなか応援が伝わらないんだ。

ブラジル代表は、最終的にタイブレークのぎりぎり逆転で
勝利を飾り、選手たちが抱き合う、抱き合う。

負ける時に悔しがり、勝つ時に喜ぶこと、
これがスポーツの基本の基本だと思う。

しかしブラジル代表は、中国に勝った後、イタリア代表と
日本代表に破れ、精神的なダメージが大きく響いているんだ。

そばに座っていた二人の選手は、ブラジル代表の注目の
アタッカーであったが、合宿中にケガをしてしまっていたんだ。

と言うことで、この試合観戦から、また勉強をさせてもらった。

スタッフのサポートの方法や大切さ、出場していない選手の応援、
サンバのリズムを生かすなど、いろんな面で勉強になった。

精神面では、バレーボールはサッカーとまったく一緒だと感じたね。

取られたら取り返す、声で相手を惑わせてリズムを作り
最後まで諦めず、絶対に勝つと言う強い気持を持つことだと感じた。

そのブラジルを乗り越えた日本は
それ以上に強かった、と言う証拠だろうね!



==============================

【ポルトガル語講座】





●試合中

 “Vai!” 「行け!(絶対に行け!)
(ヴァイッ!)

と、美しいシェイラは強く言った。


*Vai:<原型 ir:行く>の命令型



●ポイントを稼いだ時

 “Valeu!” 「取った!(あたった!)
(ヴァレーウ!)

と、ブラジル代表選手達は喜び、大きな声で叫んだ。


*Valeu:<原型 valer:値する>の過去形



●当たらなかった時

 “Valeu!” 「惜しい!(次がある!)」
(ヴァレーウ!)


と、ブラジル代表選手達は、残念な声で叫んだ。
違いを見極める方法は、悲しがるか喜ぶかの違いだ!


~~~音声はこちらから~~~
http://fkja.voiceblog.jp/data/gostosoan/1321368113.mp3

==============================

~ひとりごと~

北海道での暮らしは、もうすでに23年目になるんだ。

ブラジルでは、今クリスマスと年末の準備と言うより
買い物とショッピングセンターで楽しむ時期だ。

しかし、来日してから初めての海外のクリスマスは
ブラジルとのギャップを感じたし、メチャクチャ淋しかった。

ブラジルでは、家族や友達と触れ合う習慣であり
反対に、日本はカップルの日だとは夢にも思わなかった。

そして、日本では会社や仲間での飲み会で盛り上がるが
ブラジルでは、プレゼント交換の時期なんだ。

グループや仲間(学校、会社、サークル、クラブ)で集まり
今頃は抽選を行い、クリスマス前に皆で盛り上がるんだ。

何が懐かしいかと言うと、ホームパーティーだ。

夜中まで、皆で踊ったり、騒いだりするなど
もう過ぎた時代だが、すごく楽しかったよ(^^)

============================


●○------------------------ (~~)-------------------------○●
Mail: gostosoan1@hotmail.co.jp
ホームページ: http://macacopletto.fc2web.com/gostosoan..htm

無断転記・転載禁止です
●○------------------------ (~~)-------------------------○●

スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gostosoan1.blog97.fc2.com/tb.php/194-789c1d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

SEO対策:FIFA SEO対策:サッカー SEO対策:留学 SEO対策:フットサル SEO対策:ブラジル